12月 23日

堺フェニックスロータリークラブクリスマス家族親睦会 幸助・福助結成35周年記念X’masディナーショー

12月23日(日)18時よりフラミンゴ・ジ・アルーシャで堺フェニックスロータリークラブクリスマス家族親睦会が開催されました。今回は、壽 孝博(漫才師幸助)会員の幸助・福助結成35周年記念も兼ねてクリスマスディナーショーといたしました。

米田眞理子パストガバナーの会社の支援を受け、はじめての堺フェニックスロータリークラブ企画運営に携わり、会員の漫才師幸助師匠のご協力で初興行をさせていただきました。

当初フラミンゴの会場を定員120名の予定で貸し切りましたが、最終ご参加された人数が150名(ロータリアンと家族・知人友人・米田眞理子パストガバナーの関係者)にもなり、イスを追加するような満員御礼の大盛況で開催いたしました。

最初は幸助SAAの第1声で鈴木順也会長の挨拶の後、4名の新会員の入会式が行われ、米田眞理子パストガバナーのご挨拶がありました。

そして19時30分よりディナーショーが始まり、司会はあのNHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」の三枝雄子さんと会員の合志由美子さんで第1声「メリークリスマス!」から始まりあちこちからクラッカーが鳴り響き、オープニングは会員でもある魔ほうの愛華さんのマジックショーから始まり最後にイリュージョンで幸助・福助が飛び出して来て大いに沸かせてくれました。

さすが幸助・福助コンビの結成35周年ともあって、芸能界の大先輩方がお祝いに駆けつけていただきました。まずは「オール阪神・巨人」のオール阪神師匠・「海原はるか・かなた」の海原はるか師匠・「横山たかし・ひろし」の横山たかし師匠・「ミヤコ蝶々」のお弟子さんのミヤ蝶美・蝶子が駆けつけていただき、漫才や漫談を披露していただきました。またものまねの「よっちゃん」が登場し、「坂本冬実・松本伊代」のものまねで大いに楽しませていただきました。

結局、19時30分から始まり、終わったのが22時、約2時間30分大いに笑い・大いに食べ飲み・素晴らしい年忘れクリスマス家族親睦会となりました。

この勢いで堺フェニックスロータリークラブは下半期も大いに奉仕活動に親睦活動に会員一丸となって活動していきたいと思います。


大盛況・大入り満員の会場


今回の案内状


左:SAA幸助会員・右:鈴木順也会長挨拶


新会員の入会式 左から石田智志(さとし)様、鈴木会長、篠原正之(まさゆき)様


米田眞理子パストガバナーのご挨拶


米田眞理子パストガバナーから幸助・福助結成35周年のお祝いの花束


ディナーショー司会の三枝雄子様と合志由美子会員


魔ほうの愛華さんのマジックショー


魔ほうの愛華さんのマジックから飛び出して来た漫才の幸助・福助


「よっちゃん」の坂本冬実と松本伊代のものまね


漫才のミヤ蝶美・蝶子


幸助師匠のパフォーマンス(スパンコールのジャケットで登場)


左:横山たかし師匠・右:ファンキー・コバ様


客席の方に頭の毛を拭いてもらう海原はるか師匠


お祝いに駆けつけていただいたオール阪神師匠


左:最後の幸助・福助のご挨拶、右:ロータリー旗とクリスマスツリー