11月 30日

醍醐の紅葉を愛でる日韓友好の夕べ

11月30日 堺フェニックスロータリークラブは、醍醐の紅葉を愛でる日韓友好の夕べに参加致しました。
世界文化遺産京都醍醐寺の紅葉を見学し、1100年の歴史に刻まれた三宝院や霊宝館の貴重な国宝を特別拝観させていただきました。
台風の影響で大変な被害が出た状態でした。しかし奥にある池の周りは、見事な紅葉でまさに別世界の空間でした。 燃えるような紅葉の赤!素晴らしかったです! 豊臣秀吉や天皇家も拝観された三宝院のお庭の夜景は最高でした!
お庭には各戦国大名から集められた石も見事でした。
そして、68代仲田順和座主のお計らいで特別に豊臣秀吉から賜った黄金の天目茶碗を直接拝見させていただき感無量でした。
今回残念ながら、米田眞理子パストガバナーはタイのルンピニロータリークラブとの国際交流に行かれて参加出来なかったですが、10年以上も続くRI2640地区米田眞理子パストガバナー・韓国RI3650地区文 悳煥パストガバナー・韓国在日本民団顧問 金 基周様との強き絆で、さらに日本と韓国との友好交流は深められました。
また明年の4月7日も仲田順和座主のお計らいで最高の観桜会が予定されています。


右から韓国RI3650地区文 悳煥パストガバナー・醍醐寺68代仲田順和座主・金 基周様                うしろは堺フェニックスロータリークラブの皆様


宮前美穂子会長エレクトと村井知子会員と合志由美子会員


左:仲峯 豊直前会長 右:壽 孝博(幸助)会員と奥様の壽 羽衣子会員


「醍醐の紅葉を愛でる日韓友好の夕べ」鈴木順也会長の挨拶と仲田順和座主の御挨拶

「醍醐寺の見事な紅葉の景色」

「三宝院の夕べ」


豊臣秀吉から賜った黄金の天目茶碗