2018-2019年度 鈴木順也会長挨拶

2018-2019年度スタートしました。
RIテーマ「インスピレーションになろう」
今年度もよろしくお願いします。

2018-2019年度 会長 鈴木 順也

クラブテーマ「いいこと、ずっと」
It will continue much the good thing

この度、創立22年、会員数100名という名誉ある堺フェニックスロータリークラブの会長を拝命し、身の引き締まるおもいです。一年間頑張る所存でございます。よろしくお願いいたします。
今年度、国際ロータリー会長バリー・ラシン氏は、「インスピレーションになろう」とテーマを掲げています。考えて答えをだすアイデアという言葉でなく、直感という意味のインスピレーションという言葉を選びました。そこには、考えるまでもなく、素直にいいと思うことを実践しようと意味が読み取れます。そしてそのインスピレーションが自分だけに留まらず、ロータリーの奉仕活動を通じて、他人・クラブ・地域社会に良い影響を及ぼすことを含んでいます。多くのクラブが、このテーマのもと公共性を高めることを含め多岐多様なチャレンジを必要としています。しかし、国際ロータリーよりパイロットクラブとして、日本の第3ゾーンから1クラブ代表として指名を受けて革新性と柔軟性の改革を進めた当クラブは、このテーマを先取りしていました。そのため、現状の奉仕活動を充実させるということになります。とはいえ現状が完成でなく今後、各自がより一層自覚をもって奉仕活動に取組んでいく必要はございます。
また、第2640地区の活動方針のスローガン「ロータリークラブを楽しもう」これについても当クラブでは同様のことが言えます。以前より数多くの移動例会での親睦や奉仕活動を通じての絆の構築をしてまいりました。先取りして取組みをしていたため、現状の取組みを充実させることになります。内容の充実を図るために、参加者の増加や効率性の向上などを課題に掲げ、クラブ全体で取組んでまいります。
そして、クラブ会長としてのテーマは、「いいこと、ずっと」です。クラブの方針や運営などのアドバンテージが大きかったため、このいい奉仕活動の継続性をテーマに掲げました。今していること、これからすることを合わせていいことは、ずっと続けて価値を増します。
クラブの運営に関しては、①奉仕活動の充実 ②クラブの結束 ③新しい仲間 この3つの柱を念頭に掲げ、クラブの先輩方が培ってきたものを最大限活用し、この一年で回数や公共性や内容を含め奉仕活動の実績を日本一のクラブにしたいを思っています。
会員の皆様、会員のご家族、地域社会の皆様のご理解、ご協力を賜り、みんなで喜びを共有したいと思います。何卒、ご支援、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

・クラブ基本方針  いいことずっと It will continue much the good thing !

・クラブ活動方針
① 奉仕活動の充実
② クラブの結束
③ 新しい仲間
この3つの柱を念頭に掲げ、クラブの先輩方が培ってきたものを最大限活用し、この一年で回数や
公共性や内容を含め奉仕活動の実績を日本一のクラブを目標とします。

・活動目標
クラブ管理運営  例会、親睦会、家族例会の充実、ロータリー研修会の実施

親睦  親睦会に内容充実、参加者の増加、移動例会の開催、家族例会の開催

会員増強維持  既存会員が会員増加への意識を高める、例会・親睦会に入会希望者をお客様として参加していただく。

クラブ広報・IT 公共イメージ向上につながる情報発信、ホームページの内容充実、アクセス数増加
ロータリーの友への投稿、マスコミへの投稿・広報会員(芸能関係)の活動の応援をしていく

奉仕プロジェクト(社会・国際・青少年)
社会奉仕   ・堺プロバスクラブへの支援、堺市福祉協議会への支援等
・交通安全キャンペーンへの参加
・国土交通省近畿整備局総合防災訓練への参加
・老人養護施設への慰問
国際奉仕   ・タイ・ルンピニRCと他海外クラブとの共同奉仕事業
・日韓インターアクト交流 建国高校
青少年奉仕  ・IAC(初芝立命館・帝塚山学院泉ヶ丘)との交流・合同例会の開催
・RAC(堺フェニックスRAC)との共同事業・奉仕活動の積極的な参加
・少年フットサル大会の開催
・堺市長杯少年サッカー大会への協賛
・児童養護施設への慰問

ロータリー財団  地区補助金の利用・寄付 1人当たり200ドル、ポリオプラス 1人当たり50ドル

米山記念奨学事業 米山梅吉記念館への訪問、積極的な寄付金の納付

・活動計画
理事会で年間及び月間計画早めに審議する。
理事会の充実
グループラインなどの連絡網を活用し、クラブ行事への出席を呼びかける